りゅす

milkcake56.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 31日

今年の夏

8月前半、猛暑日が続いていた東京ですが、その暑さをほぼ知ることなく
夏が過ぎて行きました。

というのも、7月終わりにがくんと体調を崩し、治療のために
岐阜or横浜に滞在してやっとのことで都内の自宅に戻ってきたのはお盆も過ぎた頃でした。

体調を崩したといっても、いまはもう元気ですし、ちょっと大きな怪我?に近いかな。
突然のことで、仕事もいけず、最初は混乱しましたが落ち着いてみれば、
8月はいってからのこと、気持ちの変化、などを思い出してみるとするすると繋がる線が見えて
ぜーーんぶ必要なことだったのかなぁといまは府に落ちたような。
でも、きつかったなぁと思い直すような、そんなところ。

いまは本調子まであと一歩。
無理せずおとなしくしつつ、治療に通いつつの日々。
時間に余裕があるので料理熱に火がつきまして。
いろいろ作ってます。

長野ではおじさま方のゴルフ合宿?のごはん係をしてきました。
写真、1枚もないけどけっこう好評だったので自分用にメニューを書いとこ。

*牛のタタキ、山葵ソース
*ローストポーク
*豆腐で作るトルティーヤ
*スペアリブ
*ズッキーニのバジル味噌炒め
*薫製卵のサンドウィッチ
*ローストポーツとポテトのサンドウィッチ
*焼きリンゴと葡萄のトライフル
*バジルフォカッチャ
*カボチャと高野豆腐の煮物
などなど・・・

他にも母作サラダ、ピザ釜で焼いたピザ、薫製いろいろはゲストが楽しんで作ってました。
けっこう前のことでうろ覚えだったので滞在中作ったものまとめてになっちゃった。
肉料理が多いのは肉好きおじさんが多い、と父から聞いたため。
牛のタタキが食にうるさいおじさまにも絶賛してもらい嬉しかった!


ピザ釜の完成度が低いとなかなか焼くのが難しいピザ。
(父お手製のピザ釜はやはりお店のピザ釜とは違い、いろいろ問題ありらしい・・)
うまくいったり失敗したりの繰り返しだったのですが。
今回はうまくいくコツ、がわかりました!!
いままで焼きを父に任せっきりだったので、最後の焼きで失敗しても
なぜ失敗するかがわからなかったんですよねーー
それが、今回はお客様いるからね、失敗できないぞ、と前日から練習もして。
で、当日ギリギリにコツをつかんでやっとこさ、
みんなにおいしい!と言ってもらえるピザが焼けたのでした。

最後に、カボチャと高野豆腐の煮物は私用。
玄米も自分用に炊いて。
これだけいろいろ作ってもいまの私が食べると身体の負担になるものばかり。
なので、味見のみにしてぐっと我慢しましたよーー
[PR]

by takahashi-so | 2015-08-31 00:19 |


<< フォカッチャ      普通のお弁当 >>